• ネズミ駆除の方法とは

    日本にはさまざまな種類のネズミが生息していますが、その中でも3種類のネズミがビルや家屋などに棲みつき、様々な被害をもたらします。



    ネズミ駆除の方法としては、捕獲してネズミ駆除行う方法と、薬を使って駆除する方法が挙げられます。



    捕獲してネズミ駆除行う場合には、粘着式のネズミ取りやカゴ式の罠、バネ式の罠を用いておこなわれます。その中でも粘着式のネズミ捕りは、作業も簡単であり、捕獲したネズミも衛生的に回収し処理することが可能となっています。

    NAVERまとめのお役立ちコンテンツ満載です。

    この粘着式のネズミ取りを使用する場合のポイントとしては、ネズミがいつも出没する場所や通過する場所は比較的警戒しなくなっているので、その場所を狙って設置するようにしましょう。
    また粘着シートの枚数が多ければ多いほど捕獲の確率が上がるため、なるべく多くのシートを仕掛けるようにしましょう。また、周りにえさが少ないと、捕獲できる確率はぐんと上がります。
    設置する前には、周りにえさとなるようなものがないか確認し、できるだけ片付けるようにしましょう。

    粘着式のネズミ取りを設置した後には、ネズミ用の燻煙剤を使用することでネズミが慌てるため、捕獲率を上げることにつながります。
    薬を使って駆除する方法としては、主に毒入りの餌を使って駆除します。

    まず最初に毒のない餌だけを与え、ネズミにここが餌のある場所であることを認識させましょう。

    ネズミがその餌に食べ慣れてきたころに、毒入りの餌を混ぜます。
    ペットや幼児が間違って食べてしまわないように十分に気をつけましょう。